宅建合格までにどれくらい費用がかかるか?

宅建とは

勉強方法による費用の違いは?

宅建合格までに必要な費用は、どんな勉強法で学習するかによって違います。わたしは、2年目は通信講座を受講したので、8万円くらいかかりました。

通学、通信、独学

宅建の勉強法は、スクールに通う(通学)か、通信教育か、独学か、3つの方法があります。

費用がもっとも高いのが通学で、次に通信教育、独学の順です。資格の勉強は、一生もののスキルを身につけるのですから、出費を惜しむことは考えないほうがよいと思います。

合格に一番近い方法を選ぶのが賢明です。ですから、費用とともに、それぞれのメリット・デメリットについてもご紹介しておきます。

通学の場合

通学の費用は、10万円~15万円くらいします。
そのほか、直前対策や模擬試験など、細かいプランがあり、それらは1万円~3万円前後のようです。

独学で勉強を進めている人が、直前の対策としてピンポイントで利用するのもよいかもしれませんね。

通学のメリットは、体が学校に行くために勉強のペースがつかみやすく、先生に質問したりするのもその場でできる点にあります。
デメリットは、時間が拘束される点で、忙しい社会人にはちょっと厳しいかなという感じです。

通信の場合

通信の費用は、3万円~10万円くらいです。通学に比べると手ごろですが、少し痛い出費という感じでしょうか。

金額に開きがあるのは、プランによって選択できる場合があるからです。わたしはフォーサイトのDVDを使った通信講座を受講して8万円くらいでした。

通信のメリットは、自由な時間で勉強ができること、独学と違いよい教材が揃っていることがあげられます。
通学以上に会社によって全く違うので、資料請求は必須です。

デメリットは、モチベーションを保つのが難しいということです。
しっかりとしたやる気を持っていないと、途中でやめるのは簡単です。

独学の場合

独学の費用は、市販のテキスト代1500円くらいです。加えて、通学講座や通信講座の直前講習を受けたりすると、+数万円かかります。

フォーサイトの場合は、1万円~2万円です(セットプランには含まれています)。

メリットは、費用が少なくてすむこと、なんとなく気軽に始められることです。

デメリットは、良質な教材が手に入らないこと、気軽に始められる反面すぐにやめてしまうこと、勉強がうまく進められず合格までに時間をかけてしまうことです。