宅建の試験にパスするために、ないと困る教材たち

勉強

必須の教材とは

宅建の勉強では、決められた教材を毎日惜しみなく使いまくることで合格力を養成できます。

それでは、どの教材やどの教材を使ったらいったい合格が近づいてくるのでしょうか。
宅建合格用の教材をひと通りおさらいしてみましょう。

テキスト

これがないと、勉強が全然先へ進みませんね。わかりやすく書かれているテキストを選びましょう。
毎日テキストとにらめっこするのですから、読みやすいことや使いやすいことも大事です。

(補足)
テキストといえば普通は本になっているものを思い出しますね。しかし、今ならDVDやCDで、テキストの内容を収めているものだって流通しています。

実はこれらは、テキストの内容を深く理解する際に非常に役立ちます。本のテキストと、DVDやCDのテキストの両面から勉強するほうがよいですね。

問題集

これも大事な教材です。問題集は、試験問題を解くためのレッスンをするという意味でとても大事です。
それに、過去の試験問題を収めた問題集(いわゆる「過去問」)には、試験問題の毎年の特徴を探るという効果もあります。

(補足)
ここでも、テキストと同様でDVDやCDを併用できることがあります。

六法

法令を深く理解したいときは、確かに意味があります。ただし、必須のアイテムというほどではありません。
テキスト等の中に六法の役割を代わりに果たしてくれるものが入っているなら、個別に六法を買う理由はありません。

(補足)
本当に六法を買うのであれば、宅建専用の小型の六法を探しましょう。

六法そのものは、宅建と関係のない内容が大量に入っているため、必要なところを探すだけでもたいへんです。
それから、重くてかさばる点もネックとなってしまいます。