宅建のダブルライセンスにはどんな資格がありうるのか?

宅建とは

宅建は、不動産業に携わる人の運転免許証と呼ばれたりもします

宅建は、不動産業に携わる人の運転免許証と呼ばれたりもします。それだけポピュラーな資格ということですね。
宅建の資格は持っていると有利です。ただ最近の不動産・金融業界、また建築業界などでは、宅建は「持っていて当然の資格」になりつつあるのも現実です。

ですから、宅建を取った次のステップのことを少し考えておくのも有意義でしょう。

宅建の資格単独ですと「持っていて当然」も、ダブル・トリプルで複数の資格をしていると、お勤めの会社で活かすにしても、将来的に独立を考えるにしても、有利な展開が可能になります。

まずは宅建ですが、宅建を取った成功体験を次につなげていくのは、宅建の資格をより活かす将来につながります。
みなさんにとってちょっと先の話になりますが、ここでは宅建と相性のよい資格についてお話ししてみたいと思います。

キャリアアップと宅建の学習体験をムダにしないことにもなります。

宅建を取得して不動産業界へ

宅建の資格は、不動産業界、それか不動産売買と関係がある業界に潜り込むのに絶好のチャンスをプレゼントしてくれます。
不動産って、全国のどこに行っても必ず需要が絶えない業種ですしね。こんなに心強い資格も珍しいですね。

というわけで宅建の資格を持っていると驚くほど定められた業界には入りやすいです。よく「××の資格を持ってると就職に有利! って聞いたのにそうでもなかった……」なんて嘆きが聞こえてくることがありますが、宅建に限ってはその心配はすごく少ないです。

女性だからと言って不利になるわけでもないですし、年を取っているからと言って不利になるわけでもないようです(さすがに多少の違いは出てきますけどね)。

とはいえ、就職や転職、それと昇進や給料アップに思い通りにつなげたいならただ普通に働いているだけでは足りないかもしれません。

宅建の資格を取ってからできるキャリア開花の方策に、「ダブルライセンス」がありますね。

同じ不動産業界の資格でダブルライセンス

たとえばマンション管理士や管理業務主任者の資格を取っておくと、マンションの管理人の仕事をスペシャリストとしてできる立場になります。
実は管理人のいないマンションは全国にたくさんあって需要はまだ手つかずのままだという話ですね。

金融系の資格でダブルライセンス

宅建の資格があると、銀行や証券会社のような世界にも入れるわけです。ああいう会社でも不動産の契約の話はよく出てきますから。

こういう世界に興味があるなら、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格なんかを持っておくととても立場が有利になるはずです。

法律関係の資格でダブルライセンス

宅建って、地味な法律の勉強をたくさんしないといけませんよね。やってる間はつらいかもしれません。でも、法律に対する基礎知識ができるわけですから、いわゆる「士業」の資格を狙うときに有利になれるんです!

弁護士では難しすぎるでしょうけど、司法書士や行政書士や社会保険労務士なんかだったら、難易度も手頃ですし、宅建の知識と組み合わせていろいろな形式で仕事を請け負っていける道も開けてくるはずです。

宅建と相性のよい資格

ファイナンシャルプランナー(略称FP)

家族や個人のライフプランを設計するスペシャリストとなるための資格です。
家族の人生設計と、といえば不動産(マンションなど))の取得なども夢・目標のひとつ。

またすでに不動産をお持ちの方がお客様なら、税金や相続などの相談も、ファイナンシャルプランナーは受け止めます。

ダブルライセンスの活かし方としては、宅建とFP資格を不動産業界で活かす方向や、宅建の資格を持つFPとして活躍する方向などが考えられますが、いずれにしてもこの2つの資格の相性は抜群です。

不動産も金融資産です。宅建の資格だけですと不動産の知識にとどまるところが、FPを取得することで、宅建が金融の資格に様変わりするのが面白い特長です。

ファイナンシャルプランナーのお薦め情報→

マンション管理士・管理業務主任者

マンション管理士の資格を持っていると、確実に独立できます。また管理業務主任者は、宅建同様に、不動産業界(とくに管理会社系)の就職・転職に有利な資格です。

資格の難易度としては、マンション管理士>宅地建物取引主任者=管理業務主任者

という位置づけで考えていただければ結構です。
この2つの資格をお薦めするのは、仕事上での相性のよさもありますが、試験範囲に宅建と共通するところが多いことも理由です。

宅建で勉強した内容のかなりの部分が、マンション管理士の試験準備にも役立ちます。

マンション管理士・管理業務主任者のお薦め情報→