おすすめの通信講座

通信講座

宅建は毎年20万人以上の受験者数を誇る人気の国家試験です

宅建は毎年20万人以上の受験者数を誇る人気の国家試験。長年の伝統もあり、どの通信講座も受験対策の研究には力を入れています。
当ページで紹介する通信講座なら、合格に必要な情報や教材を十分に与えてくれます。

フォーサイト

フォーサイト

通信講座のリーディングカンパニーとして定評のある通信教育会社です。

テレビCMなど広告一切行っていないのでご存知のない方も少なくないかもしれませんが、社会保険労務士や行政書士などの難関国家資格でも、毎年全国平均を大きく上回る合格率を出しているのがフォーサイトです。

今までの通信講座といえば、芸能人を起用したCMで有名な「ユーキャン」がダントツの1位でした。しかしここ数年でその順位が入れ替わったのです!
ユーキャンに代わり1位を獲得し、通信講座業界で躍進を続けているのが、通信教育の「フォーサイト」!

どこが人気なのか、フォーサイトを徹底分析しちゃいます!

テキストがすごい!

テキストはすべてフルカラーで、B5サイズだからバッグにもすっぽり入る大きさ。重要ポイントを絞り、すっきりと見やすくまとめたテキストは定評があります。
いつもテキストを持ち歩きたいという方にも最適です。

講義DVDがすごい!

業界初の専用スタジオでハイビジョン撮影しているから、とにかく映像がキレイ!
講師もカメラ目線で講義をしているので、まるでマンツーマンの授業を受けているよう。テキストのみでも勉強よりもはるかに効果があります。

私はこのDVDがなかったら、合格していなかったかもしれません。

別冊の小冊子がすごい!

合格するためのノウハウが満載の「戦略立案テキスト」や、試験前に読むと 効果的な「合格必勝テキスト」など、勉強や試験に役立つ小冊子が付いているのも、フォーサイトの魅力です。

パソコンや携帯の学習システムがすごい!

インターネットの学習システム「道場破り」では、学習スケジュールが立てられたり、暗記に役立つ単語カードが見られたり、ゲーム感覚で問題が解けたりと、コンテンツが盛りだくさん。
さらにスマホサイトでは、○×式の1000本ノックや、学習方法Q&Aなども。

受講料が安くてすごい!

数ある通信講座の中でも1位2位を争うほどの低価格!

宅建士の講座一覧

  • 基礎講座:42,800円
  • 過去問講座:42,800円
  • バリューセット1(基礎講座+過去問講座):56.800円

フォーサイトのテキストは、「最短・最速で合格すること!」をモットーに作られています。
情報量は従来型テキストの約半分、そして4色フルカラー。カラフルで勉強するのが楽しくなるテキストです。もちろん重要箇所も一目で見分けがつきます。

フォーサイトの詳しい情報はコチラ

L・A(エル・エー)

エル・エー

エル・エーの宅建講座は、『満点は必要なく合格点を目指す』というコンセプトのもと作られています。
出題される可能性の低い項目は省略し、重要項目をピンポイントに押さえることで、全45回という時間的な負担の少ない回数を実現しています。

具体的にお伝えしますと、講義38回、答練7回の合計45回で構成、約85時間。後に過去問演習を繰り返すにしても、かなりの時間短縮が可能です。
ゼロから宅建の勉強を始める方はもちろん、これまで独学でしか勉強をしたことがない方にもお薦めです。

  • 速学合格コース 通信DVDクラス 65,000円

エル・エーの詳しい情報はコチラ

ユーキャン

ユーキャン

生涯学習のユーキャンとして、CMでもおなじみの会社です。
ユーキャン宅地建物取引主任者(宅建)講座のテキストは驚くほど薄い、がセールスポイント。

しかも基本テキストは3冊だけです。最初不安に思うかも知れませんが、徹底的に試験問題を分析し合格に必要なことだけが書かれたテキストです。

ユーキャンの宅建講座には、スキマ時間で聴けるようにCDも16巻ついています
電車の中、家事をしながら、どこででも、テキストを持たずとも自然とポイントが身につくCD(※テキストの解説ではありません)です。

テキストを解説している講義DVDがないのが少し難点ですが、十分合格を目指せる内容です。

  • 宅地建物取引主任者(宅建)受験講座 月々3,980円×16回

ユーキャンの詳しい情報はコチラ

産業能率大学総合研究所

産業能率大学総合研究所

Q.産業能率大学総合研究所という名前のところから、通信講座が出ているそうですが、普通の通信講座と何が違うんですか?

A.産業能率大学総合研究所は、宅建の通信講座を、一般の教育事業者とほぼ変わらない方式で出しています。
意外と歴史がありますし、信頼性は高いですね。

宅建を、独学だけでは対処し切れないときに役立つ通信講座として、ここでは産業能率大学総合研究所を取り上げます。

産業能率大学総合研究所の宅建通信講座のバックボーン

ただの資格の学校や専門学校ではなく、本当に学校法人というところがポイントです。しかし社会人等の学生以外の人向けの教育にも手を染めているところもまたポイント。
資格ブームが起こる遠い昔から頑張っている点も評価の対象です。

産業能率大学総合研究所の宅建通信講座のテキストや問題集etc.

TACが制作するテキストや問題集が中心です(それ以外の教本も多少あるのですが)。

TACが外部向けに発行しているもののため、TACの宅建講座受講者が与えられる教材とはまた違うものだと考えたほうがよいでしょう。

世間での信頼性が高い品を採用するというやり方を標榜する業者が多少あるのですが、産業能率大学総合研究所はその先駆という立場にある模様です。

産業能率大学総合研究所の宅建通信講座で、テキストや問題集以外の教材は?

長い間、メディア教材等に欠ける講座だと呼ばれていましたが、現在は講義DVDがセッティングされています。このDVDは分量が少ないですが、もともと産業能率大学総合研究所はテキストと問題集、そして添削を使った指導が基本ですから、DVDを増やす意向はしばらくの間なさそうです。

産業能率大学総合研究所の宅建通信講座のコースや費用については?

DVDがつくコースとつかないコースの2通りのみ。どちらにしても5万円以内で申し込めるため、予算が乏しくて困っている受験者にはお誂え向きでしょう。

産業能率大学総合研究所については以上ですが、他の通信のこともよく知ってから判断をしましょう。

大栄総合教育システム

大栄

宅建で、CDで人気がある通信講座のひとつ、大栄総合教育システムは、他の通信講座とは違った趣向を残しながら、すみわけをはかってきたともいえます。

大栄総合教育システムはCD以外の媒体も上手に使いながら、宅建をはじめ多数の資格試験の通信講座を開いて人気を獲得してきました。

「大栄総合教育システム」の、宅建の通信講座としての概要およびCDの概要

  • 分量:65枚
  • 価格:200000円程度(※値引きして販売される可能性はありえます)
  • CD以外の教材等:あり
    (DVDやWebを通した動画の配信もやっています。教え方や内容は基本的に同じですが、講座の種類が違うため、教わる範囲に違いが出てくることもあります。

また、講座の種類によって費用に大きな差が出ることもあります)

「大栄総合教育システム」の、宅建の通信講座、そしてCDの世評やうんちく等

宅建の人気通信講座の中では、大栄総合教育システムはCDも含めて映像による指導にとりわけ情熱を傾けている会社となっています。

大栄総合教育システムは、映像を通して、自宅にいる通信講座の受講者たちに、とにかくライブ感覚の講義を供与することを優先しています。

再生することができる映像の質については、特に他の通信講座がやっているDVDやWeb配信と大きく変わるところはないようですが、講義ノートがあらかじめ準備されているため、受講者はメモやノートを書きとらなくていい点が目立っています。

といってもただCDを見ているだけにならないように(このあたりが人気の宅建通信講座らしい配慮ですが)、区切りがいいタイミングまで来たら、そのつど添削問題が出されます。

特に、腕試しをさせるシステムはしっかり整備されていて、練習問題のほかに模擬試験も用意されていて、しかも予備校等に負けない体制です。

ここで出題される問題は、宅建の教育業界では毎年かなり注目されているくらいです。

大栄総合教育システムはしっかりとしたカリキュラムが組み立てられた通信講座ですが、費用がとにかく高いのが欠点でしょう。

人気の宅建通信講座の中でも、通常とは根本的に違うCDを使用していますから仕方がありませんが、覚悟をもって受講する必要があるでしょう。

大原

大原

「資格を取るなら大原で」というキャッチコピーがCM等を通じて浸透しています。
ビジネスマンや学生、主婦層など広い層で大原の宅建通信講座講座が選ばれています。

口コミ等の数も多く、通信講座のパイオニア的専門学校のテキストの上質さがうかがわれます。

確実合格を目指すための入門コースや、駆け足でインプットとアウトプット学習を進めていくカリキュラムもありますので、自分の適性を見据えながら勉強を進めていけると評判です。

大原の宅建通信講座を受けた方の口コミを見ると、「初めは、取り組みにくいと感じたけれど、DVD通信学習を通じて、より理解度を深めることができたし、分からないところが解消された」とういう感想が寄せられていました。

費用について

費用面に関しては「若干高いと感じる」という意見が圧倒的に多かったのですが、早く始めるほど、月当たり1万数千円程度の出費という計算になりますし、教育訓練給付制度の対象講座を受講し条件を満たせば、給付金を受け取ることができます。

また、教育ローンもあるので、働きながらコツコツと支払いをすることができたという方もいました。

通信講座だけではなく、資格取得を目指した専門学校としても最大手・名門と呼ばれる大原なので、テキストの内容も専門的で高度な知識を得られると評価を得ています。

もちろん法律に関する勉強は初めてという方も、無理なく取り組んでいける内容なので、口コミを頼りに主婦層が一発合格を目指して、大原を選ぶ動きも出ています。