宅建を取ると年収はどれくらいか?

宅建資格を取ろう!

宅建を取ると年収はどれくらいか?

このたび宅建に合格しましたハルと言います。どうぞよろしく。

宅建っていうと、不動産関係のあれだよね?」って感じで、なんとなく知られているのですが、若干実態のわからない世界だと思われているようです。

わたしも学生の頃は宅建にまったく関心がなく、取得のきっかけは、不動産会社に勤務しているため必要に迫られてというのが本音でした。

でも、土地や建物に関わるすべての人、就職や転職の武器を手にしたい人、勉強しておくとよいと思いますよ!


数字から見る宅建資格を解説!

そこで、このサイトでは、数字を元に宅建について解説していきます。
年収や受験勉強についての内容が中心です。具体的なイメージをつかんでいただけたら幸いです。

不動産会社に身を置いているので様々な情報が入ってきますし、宅建合格後日が浅いため受験勉強の仕方なども最新情報がご紹介できそうです。
最後まで、どうぞお付き合いくださいませ!

宅建士の年収

宅建を持っている人を宅建士と呼んでいます。正式には宅地建物取引士(旧「宅地建物取引主任者」)です。

普段頻繁に接する相手ではありませんが、賃貸マンションに住んでいる人は、契約の際に重要事項の説明を受けたことがあると思います。

その人の名刺には、かつては「宅地建物取引主任者」と書かれていましたが、今では「宅地建物取引士」と書かれています。

ということで、身近な宅建士は不動産会社にいます。

この方たちの平均年収は、500万円か700万円くらいだそうです。

最近の中途採用の求人を調べてみると、スタートが300万円くらいの会社から500万円くらいの会社まで幅広くなっていますので、最初からというわけではありません。

宅建の資格に対する手当てがつく会社は月3万円くらいのようで、手当てという形ではなくても、持っていない人よりは優遇されています。


サラリーマンとして働いている人が多い

サラリーマンとして働いている人が多い

宅建士の多くは企業に勤めています。言ってみれば、サラリーマンです。宅建に受かったからといって、ずいぶんと年収が上がるということではありません。
不動産会社に限って言えば、むしろ持っていて当然の資格です。

ただし、次の点において有利です。

  • 不動産業会は他の業界よりも年収が高い
  • 宅地建物取引士の需要は高く、食いっぱぐれがない
  • 転職の際に年収の交渉が可能

不動産会社の社員である限り、1000万円超えは難しいかもしれません。

でも、実力しだいでは平均以上稼げる可能性はあります。
不動産関係以外の会社へ勤める場合は、一般のサラリーマンと基本的には変わらないようです。

宅建の資格をもつ社員というだけです。資格そのものが年収に直結するというよりも、知識を仕事に活かして出世し、年収を上げていくということになります。

中には独立する人もいますが、その場合の年収は残念ながら不透明です。 成功すれば何千万も稼げるでしょう。

ひとつ確実に言えるのは、不動産会社の社長は羽振りがよく、お金をいっぱい持っているということです。
具体的な数字は紹介できませんが、高年収なのは間違いありません。


最近の投稿

最近の投稿へ