宅建 合格率

宅建の合格率はどれくらいか?

宅建試験の合格率について、下の表をご参照ください。

<宅建合格率データ>
年度 受験者 合格者数 合格基準点 合格率
1999 178,384 28,277 30点 15.9%
2000 168,094 25,928 30点 15.4%
2001 165,104 25,203 30点 15.3%
2002 169,657 29,423 30点 17.3%
2003 169,625 25,942 30点 15.3%
2004 173,457 27,639 30点 15.9%
2005 181,880 31,520 30点 17.3%
2006 193,573 33,191 30点 17.1%
2007 209,684 36,203 30点 17.3%
2008 209,415 33,946 30点 16.2%
2009 195,515 34,918 30点 17.9%
2010 186,542 28,311 36点 15.2%
2011 188,572 30,391 36点 16.1%
2012 191,169 32,000 33点 15.3%
2013 186,304 28,470 33点 15.3%
2014 192,029 33,670 32点 17.5%
2015 194,926 30,028 31点 15.4%

◆合格率について

合格率は表のとおりですが、どう思いますか?あまり大きな数字ではありませんよね。でも、社労士や行政書士の合格率は10%未満なので、それに比べれば高くなっています。そんなに甘い試験ではないことは想像できると思いますが、合格基準点を取ることができれば合格なので、それを目指して自分自身と戦ってください。

◆合格基準点について

宅建の試験では、合格基準点がその年によって変わります。これも表を見ていただくとわかると思います。でも、そんなに不安に思うことはありません。試験は50点満点なので、7割35点をとれれば合格圏内です。

◆合格基準点を取る勉強法

試験勉強の仕方として、満点を取る勉強をするのが本来のあり方なのかもしれませんが、資格を取ることを最優先に考えると、7割得点できるような勉強をするのが正解だと思います。実務と試験は全てイコールではありません。細かいことは実務の中でも学んでいくことになるので、資格を取るまでは細かいことにこだわらないほうがよいです。

では、7割をとる勉強とは何かというと、専門の教育機関を使って勉強することです。通信でも通学でも、宅建のプロの指導を受けて、落としてはならない問題を確実にとる!そういう勉強をします。話によれば、習っていないような問題も時々出題されるそうですが、それは合格者も解けないらしいです。




>> 年収を上げるために宅建取得を決心したらコチラ <<