重要なのは「取り組み方の質」!

「宅建試験対策に過去問が重要」というのは受験生の間ではもはや常識ですが、実際に過去問を使ってどんな取り組みをしているかといえば、意外と学習効果の高い過去問の活用が出来ていない方というのも少なくありません。

宅建試験対策のために、過去問はどのように解くべきなのでしょうか?
宅建受験生の皆さんは今一度、日頃の過去問への取り組みを見直してみてください。

2da234969e9e58c30597559cbb6ca3d5_s

◆“解いて終わり”では学習効果は半減します

皆さんの中には、せっかくの過去問を「ただ解いて終わり」として淡々と次に進んでいる方も多いのではないでしょうか?
ただ解くだけでも、それを積み重ねれば出題の論点は何となく分かるようになるでしょう。
しかしながら、いざ本試験に活きる応用力の育成といった観点では、もう一歩踏み込んだ試験対策が必要になります。

無我夢中で宅建試験対策を進める中では、いつの間にか「過去問から何を学べたか」よりも「いかに多くの過去問を解いたか」に焦点が移りがちになります。
そこは意識的に、「解いた量よりも、どれだけのことを習得したかが重要なんだ」と思い直すことで、軌道修正を図る必要があります。


◆“解く→正答の確認”から、さらに“誤りの選択肢の検討”まで踏み込んで

宅建の過去問対策において、応用力を高めるために不可欠なのは「誤りの選択肢の検討」です。
どうなれば正しい内容になるのかを考えることで、論点の出題パターンを読み解くことが出来ます。

いくつかの年度の過去問に取り組んでいると、狙われやすい論点、ひっかけのパターンが見えてくることがありますが、それこそがまさに「出題傾向」です。
過去問演習を通して、次に活きる傾向対策にまで着手しましょう!




>> 年収を上げるために宅建取得を決心したらコチラ <<